タダシップの購入について

個人輸入代行者と言う存在が大きな役割を占める時代になりました。
この個人輸入代行者とは、誰でも出来ると言われるのですが、その前に外国語が堪能でなければなりません。
薬一個を購入するにも、外国語が堪能でないと言葉も通じませんし、文章も読めないのです。
そこで外国からの製品を購入したいと言う人に変って、購入を行ってくれることから輸入代行者と呼ばれるようになりました。
そんな海外からの輸入代行が、信頼を得ている職業に薬の通販があります。

日本ではまだ認可になっていない薬が手に入ることもありますし、海外での購入と言うことで価格がかなり安価で手に入ることもあります。
そんな海外からの薬を購入することで喜ばれているのが、ED薬と言われる勃起改善の薬になります。
日本人は、仕事も忙しく夜遅くまで働き、深夜自宅に帰ってからでも夫婦生活の営みをする勤勉な性格を持っているのでしょう。
ですが、仕事の疲れやストレス、寝不足なども加わり、ED薬のお世話になることが多くなるのでしょう。
今、日本でのED薬、3種類の販売が認められています。

誰もが知っているバイアグラを筆頭に、レビトラとシアリスになり、それぞれに効果が違って来ています。
例えば、レビトラはバイアグラに比べて効き目が早い、即効性があります。
ですから服用時間を気にすることなく、いつでも服用出来ると言うことでタイミングを計る必要がない便利さがあります。
またバイアグラの場合、服用する時は空腹でないと効き目が薄くなるのですが、レビトラは満腹時での服用も可能になっています。
持続時間は、ほぼ同じの5時間程度と言われていますが、この持続時間を大幅に延長出来る薬が、シアリスになります。
一回の服用で24時間持続可能と言うのですから、相当SEXに強いと言われる方向きの薬でもあり、数回のSEXも十分可能になっているのです。
そしてこの持続時間が長いED薬のジェネリック医薬品に、タダシップがあります。

タダシップは、インドで製造されたジェネリック医薬品であることから、シアリスの特許の関係なく製造販売されて来ました。
主な成分は一緒と言うことですから、効き目も副作用もほぼ同じと言われています。
大きく違うことが、価格になりかなりの差額が出ることになります。

先発医薬品であるシアリスの価格を調べると、1錠あたり1,500円から1,800円になると言われています。
それに対し後発医薬品であるタダシップの価格では、1錠あたり400円ほどになっていますが、服用時ではこの半分の量でよいことから200円程度と計算して良いと思われます。

10分の1に近い価格で購入出来るのでから、こんな嬉しいことはありません。
そしてこれらのED薬は、先ほどの海外からの個人輸入代行者に頼ることになりますので、安心と信頼が出来る代行者からの購入をすることにしたいのです。
それは正規品と言われる品を確実に購入したからです。

Comments are closed.